HOME>トピックス>風評被害を防ぐには?風評被害対策を行っていくことが肝心

早めの対策が重要

風評被害を防ぐには、早めの対策が重要になります。しかし、いくら対策が必要とはいえ、詳しい対策法について知らないことも少なくありません。そこで、2つの対策法をまずは知っておくといいです。サイトの監視と検索順位を下げるという方法があります。WEBリスク抑制サービスを行う会社で実施していることなので、依頼前の良い参考にもなるでしょう。

風評被害対策の方法を比較【webモニタリングと逆SEO対策】

webモニタリング

webモニタリングとは、web上にあるネガティブな情報などを早期発見してリスクマネジメントを行う方法です。web情報を監視システムで守ることで、顧客のサイトを安全に保ちます。

逆SEO対策を行う

顧客にとって不利益な情報などが載ったサイトに逆SEO対策を行い、検索順位を下げるという方法です。多くの人に見て欲しいサイトとは反対の対策を行うことで、被害の拡散を防ぐのに有効的です。

安心して営業を続ける

スマホ

最近はパソコンだけでなくスマートフォンの普及で、いろんな性別や年代の方が手軽に自分で情報に触れられるようになりました。風評被害対策についても考えて準備をしないと、自分たちが巻き込まれた時にはあっという間に信用や信頼性などを突き崩されてしまいます。常日頃から情報系サイトのチェックをして目を通しておくだけでなく、実際に発生した時の対策手順、対応方法についても理解しておくと、日々の営業活動に与える影響も最小限に留められます。

サービスの活用も検討を

男女

風評被害対策の一環として、リスクコンサルなど様々な外部サービスが増えてきているのでそれらを活用する事も検討してみましょう。自分たちで対処できればそれが一番いいのですが、本業の傍らで他の作業を並行して行うと通常のサービス自体も品質の低下を招く事になってしまいます。風評の監視、モニタリングなどを状況に応じて行ってくれますので、これから始めるのであれば料金や試用期間なども見積りを出してもらって吟味して下さい。

早めの準備が肝心

パソコン

風評被害対策は実際に風評を受けてからでは対応が後手に回ってしまいがちなので、予防の一環として早めの準備をしておく事が大切です。少しでもいいので予算を取り、対策をしておく事で被害を最小限に防ぐ事ができます。